大井競馬場のトゥインクルレース開催期間中の開催概要

大井競馬場のトゥインクルレース開催期間中の開催概要です。

勝馬投票券発売開始時刻 12:00

大井競馬場・各場外・在宅投票共通。なお重賞競走前日[開催日に限る]において、当該競走の前日発売を実施する発売場では、同時刻に前日発売を開始する。但しSPAT4等の在宅投票システムでは前日発売は行わない。
大井競馬場開門予定時刻 14:40

但し12レース制がとられる日など、第1競走の発走予定時刻が15:20より前になる場合は開門時刻はその40分前となる。
最終競走発走予定時刻 20:50

2002年8月から2006年3月までのトゥインクルレース開催日の場合は20:55であったが、2006年4月より5分早まった。なおこの理由等についてのプレスリリースは確認されていない。(MXテレビの放送枠が21:00までで、レースを最後まで中継出来ない事が多発した為だと思われる。)
2006年における開催期間:3月19日から11月10日までの16開催・82日間

2007年における開催期間:3月25日から11月2日までの14開催・77日間

以上
大井競馬場のトゥインクルレース開催期間中の開催概要でした。

大井競馬場の場外馬券場

大井競馬場の場外馬券売場においては、非開催の南関東他競馬場(浦和・川崎・船橋)間での相互販売(中央で言うパークウインズ)を含め、地方競馬では古参かつ最大級の展開をしていることで知られる。
また、新潟県営競馬と益田競馬場の廃止の際には、東京都競馬株式会社などが旧主催者より一部施設を引き継ぎ、大井競馬の場外とした。

これらはいずれも大井競馬の他、南関東地方競馬の場外発売を行っている。

別項の場外勝馬投票券発売所#地方競馬の場外勝馬投票券発売所も参照。
なお、日曜日など発売していない場合もあるので、詳細は南関東4競馬場共同サイト内の場外発売案内ページにて確認すること。
offt後楽園(東京都文京区)
offtひたちなか(茨城県ひたちなか市)
offt汐留(東京都港区)
※JRAウインズ汐留の7階。開催日によってはJRA管理の8階有料フロアも開放。ここでは大井競馬以外の南関東地方競馬(浦和・川崎・船橋)の発売は行われない。
offt大郷(宮城県黒川郡大郷町)
新潟地区(廃止された旧新潟県営競馬から引き継いだ施設)
offt新潟(新潟県新潟市)※元々は新潟県営競馬時代の新潟場外発売所。東京都競馬株式会社が買収した後、全面的なリニューアルを行った。
三条場外(新潟県三条市)※新潟県営競馬時代は三条競馬場であった。
オープス中郷(新潟県上越市中郷区)
オープス磐梯(福島県耶麻郡磐梯町)
益田場外(旧益田競馬場・島根県益田市)
パルス藍住(徳島県板野郡藍住町)
※高知競馬場との共同場外発売所。ここでは大井競馬以外の南関東地方競馬(浦和・川崎・船橋)を発売しない日もある。


また、かつて競馬を主催していた山形県上山市が所有するニュートラックかみのやま(旧上山競馬場)・松山・いいたてやBAOO高崎(旧高崎競馬場)などを借用しての場外発売も行っている。

以上
大井競馬場の場外馬券場についてでした。

大井競馬場の開催概要

大井競馬場では、3月下旬から11月上旬の間
トゥインクルレースとしてナイター競馬が施行されている。

大井競馬場では2006年7月現在、ナイター期間中における
最終競走発走予定時刻は20時50分で、全国の公営競技場の中でも
川崎競馬場と並んで日本で最も遅い。

また、
大井競馬場の年末開催については
薄暮競走(プチ・トゥインクル)を実施している。
2003年11月3日にJBCが開催された際は、中央競馬・地方競馬を
問わず、全国各地の競馬場・場外発売所で馬券が発売されたこと、
また福島競馬場で中央競馬が開催されたことから、
プチ・トゥインクルとして開催した。

大井競馬場の施設

大井競馬場の現在のスタンドは
大井競馬場L-WING、
大井競馬場2号スタンド、
大井競馬場3号スタンド、
大井競馬場4号スタンドの4つからなる。

大井競馬場の4号スタンドには、食事を楽しみながら
競馬も楽しめるレストラン(ダイアモンドターン)が
設置されており、ギャンブルだけではなく、
アミューズメントスポットとして提供している。

大井競馬場では2003年12月28日には新スタンド「L-WING」が
オープンし、勝馬投票券自動発払機(勝馬投票券の発売と払戻が同時にできる端末)の導入なども行われている。

大井競馬場の年間スローガン

大井競馬場の年間スローガンは
NO GUTS, NO GLORY.(2005年)
NO GUTS, NO GLORY. 100円の心意気(2006年)
今年は×(カケル)TCK(2007年)

大井競馬場に賭ける私の今年のスローガンは
今年こそ絶対万馬券!!

ヴィクトリアマイルで3連単万馬券取ったそうです!

昨日の競馬ヴィクトリアマイル3連単取ったそうです!!!
このノウハウの指示どおりに買ったら。。。

そんな幸運な人はこちら⇒大井競馬で万馬券
*************************************

主催者発表のレース結果をお知らせします。


さて、先週の結果ですが、大荒れのヴィクトリアマイル3連複、
3連単で見事的中しました!

3連複23万5020円と3連単228万3960円のダブル的中です。


このレースは前著の方法では的中できなかったレースですが、
バーションアップ版で新たに追加した部分が見事にはまったレースでした。


このレースは実質無敗馬のカワカミプリンセスとG1を2勝のスィープトウショウ
の2頭が人気を集めており、おそらく一般の予想方法では的中できない
レースでしたがこの「新90日で1億儲ける奇跡の馬券術」では見事に
ストライクゾーンに入ってました。


なまじ競馬を知っている人には難しい馬券だったかもしれませんが、
この投資術のみで勝負している人にとっては楽に的中できたレースでした。


競馬を楽しみたいという人には向きませんが、本当に競馬で儲けたいと
願っている人にとって最強の兵器、それがこの馬券術です。

    
      新90日で1億儲ける奇跡の馬券術



先週の結果をお知らせします。(後半9レース以降のみ)

5月12日(土)


東京競馬場9R
馬単7,110円的中 3連複13,500円的中 3連単99,270円的中

東京競馬場10R
3連複13,910円的中 3連単73,570円的中

東京競馬場11R
馬単15,050円的中 3連複22,130円的中 3連単141,210円的中


京都競馬場10R
3連複21,800円的中 3連単78,450円的中

京都競馬場11R
馬単10,370円的中 3連複2,220円的中 3連単25,630円的中



新潟競馬場 9R
馬単6,990円的中 3連複35,540円的中 3連単155,170円的中

新潟競馬場11R
馬単5,780円的中 3連複9,410円的中 3連単50,350円的中

新潟競馬場12R
馬単6,030円的中 3連複5,660円的中 3連単40,330円的中



5月13日(日)


東京競馬場11R ヴィクトリアマイル
3連複235,020円的中 3連単2,283,960円的中

東京競馬場12R 
3連複135,840円的中 3連単1,118,590円的中



京都競馬場11R
3連複110,830円的中 3連単782,580円的中

京都競馬場12R
馬単8,660円的中 3連複9,180円的中 3連単68,850円的中



新潟競馬場10R
3連複5,270円的中 3連単25,050円的中

新潟競馬場12R
馬単2,440円的中 3連複4,850円的中 3連単19,880円的中



それにしても見事な結果です。この結果を見る限り本当に1億儲けることが
できるような気がします。

ここのサイトはオッズの下落を防ぐため限定販売をうたっていますが、
本当に限定販売です。

前回のマニュアルはたった2ヶ月で販売を終了しました。

興味のある方は今すぐチェックしないと終わってしまうかもしれません。

    
      新90日で1億儲ける奇跡の馬券術



大井競馬場とは

大井競馬場とは

大井競馬場(おおいけいばじょう)は、東京都品川区勝島二丁目にある地方競馬のための競馬場である。
大井競馬場の愛称は「東京シティ競馬(TCK)」。SPAT4加盟。
大井競馬場の管理者は東京都競馬株式会社。
大井競馬の主催者は特別区競馬組合である。

大井競馬開催時の入場料は100円。
大井競馬場は地方競馬の全国騎手リーディングでトップを争う内田博幸と的場文男が所属している。
大井競馬場では、認定競走や条件級の中央との交流戦が行われていないなど独自の施策を貫いていたが、2004年6月より条件級の中央との交流戦が行われるようになった。また、JRAと共同のプロモーションイベントも定期的に開催されるようになった。
馬券の「ワイド」(拡大馬番号二連勝複式)という名称は、大井競馬場とJRAとの共同で公募され、決定したものである。
大井競馬場では月に数回、競馬開催の無い週末に駐車場を使ってフリーマーケットが開かれる。東京都内では有数の規模と言われている。
また、主にばんえい競馬・ホッカイドウ競馬・名古屋競馬場(2005年10月17日から)の場外発売を行う「ふるさとコーナー」が2003年7月26日から設置されている他、南関東他場(浦和競馬場・川崎競馬場・船橋競馬場)の相互場間場外発売も行われている。
大井競馬場のトゥインクル期間中の後半3競走と昼開催のダートグレード競走では、ファンファーレ隊による生ファンファーレが演奏される。(ただし2006年と2007年のTCK女王盃では、生ファンファーレの演奏は行われなかった。)他の地方競馬では重賞競走でたまに行われることがあるが、一般競走で生ファンファーレが演奏されるのは中央・地方を通じて大井だけである。
2003年より「うまたせ君」がイメージキャラクターになっている。
大井競馬場のテレビCMでは舘ひろしが声優を務めていた。
2005年のトゥインクル開催の重賞開催日と東京大賞典開催日には、アイドル予想師「もも子&まどか」が場内の特設ステージで予想を披露している。
2007年は「TCKアンバサダー」として陣内孝則と鷲巣あやのがイメージキャラクターとなった。
サンタアニタパーク競馬場と友好交流提携を結んでおり、大井競馬場では「サンタアニタトロフィー(G3、1996年に「関東盃」を改称)」、サンタアニタパーク競馬場では「東京シティカップ」が交換競走として行われている。
会員制のTCKカードを発行し、来場ポイントに応じて抽選で景品がもらえるサービスも行っている。
大井競馬場の厩舎は競馬場内と千葉県印西市小林にある。
大井競馬場は地方競馬としては初めて、全競走での馬名入りゼッケンが導入されている。(なお中央競馬では、既に全競馬場・全競走で馬名入りゼッケンが導入されている)また、2005年5月より、重賞以外の競走において、ゼッケンの片サイドに同競馬場のスローガンである「NO GUTS, NO GLORY.」が記載されるようになった。通常、重賞競走では片側に馬名が、もう一方には当該重賞競走名と回号(例:第29回帝王賞)が記載されている。また、「東京プリンセス賞」などの牝馬限定重賞競走では、馬番・馬名・競走名及び回号の文字がピンク色で記載される。
大井競馬場の場内実況は耳目社が担当している。及川暁アナウンサーの名調子も人気を集めている。
大井競馬場の地上波のテレビ中継はTOKYO MXにて行われている(1995年11月から、以前はNETテレビ(現テレビ朝日)やtvkなどで放送されていた)。トゥインクルレース開催中は2006年7月からの地上デジタル放送フルハイビジョン化後、地上デジタル放送のサブチャンネル(携帯端末用のワンセグ含む)で15時以降の全レースを、また地上アナログ放送とデジタルのメインチャンネルでは19時以後同時中継している。また、SKY PerfecTV!では全レースを放送している(東京シティ競馬中継を参照)。過去にラジオNIKKEI第2放送でトゥインクルレースの中継が放送されていたことがある。
大井競馬場の自動販売機は2割高い。

///

大井競馬場の歴史

大井競馬場は1950年に、八王子競馬場の代替として開場された。

大井競馬場は1954年から1973年までは大井オートレース場も併設していたが、大井オートレース場は廃止され、群馬県伊勢崎市に移転して
伊勢崎オートレース場となっている。

大井競馬場は1973年までは特別区(23区)のほかに、
東京都も競馬を主催していたが、東京都は当時の
東京都知事美濃部亮吉の政策により、競馬やオートレースなど
公営競技から撤退し、現在は特別区のみが主催している。

大井競馬場は1986年7月31日に全公営競技を通じて
日本で初めてナイター競馬が開催された。

大井競馬場のナイター競馬は通称トゥィンクルレースと呼ばれ、
私が初めて万馬券を取ったのも、このナイター競馬なのです。
トゥィンクルレース開始後、会社帰りのOLさんも増えたんですよ。
ほとんど、競馬好きの彼と来ているカップルですけどね。

///